Warning: Table './drupal_fandt_old/accesslog' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed query: SELECT uid, timestamp FROM accesslog WHERE (path = 'node/71' OR uid > 0) AND sid = '931b0389b61864d7c6603aaa30430504' ORDER BY timestamp DESC LIMIT 0, 1 in /var/www/akishige/fandt/includes/database.mysqli.inc on line 128
Drupal 7 がコンテクスト別翻訳をサポート! | FOREST & trees

Drupal 7 がコンテクスト別翻訳をサポート!

今までのバージョンの Drupal では,翻訳可能な原文が複数の場面で使われていても,その場面の違いを認識できませんでした。この問題が,Drupal 7 になって(さらなる努力は必要ですが)解決したようです。

たとえば,ユーザーを追加するページ (http://example.com/admin/user/user/create) でパスワード強度を判定していて,パスワードが十分に複雑な場合には“strong”という文字列が返されます。この場面にふさわしい訳語は,「強い」「強固」などでしょう。

同じ“strong”という文字列が別の箇所,たとえば Compose tips (入力の手引き http://example.com/filter/tips) でも,HTML の <strong> タグの機能について説明するために使用されているのです。この場面にふさわしい訳は,「強調」でしょう。

Drupal 6 までの翻訳可能文字列を識別する t() 関数では,この両者の違いを認識できませんでした。

しかし,ありがたいことに,Drupal 7 になって,t() 関数が context というパラメーターを受け付けるようになりました。

たとえば,前者の“strong”という文字列を,以下のように t() 関数で囲います。
t('Strong', array(), array('context' => 'password strength'))
また,後者の“strong”は,以下のようにします。
t('Strong', array(), array('context' => 'compose tips'))
(上記の context パラメーターは例です)

こうすることで,Drupal の翻訳インターフェースや l.d.o. で,それぞれの“strong”は同じ文字列ながら別々の翻訳対象オブジェクトとして認識されるようになりそうです。

ただ,Drupal コアそのものも,この context パラメーターをそれほど活用できておらず,l.d.o. 管理者の Gabor さんによると,上記の“strong”のように訳し分けが必要な文字列を翻訳者や翻訳版 Drupal のユーザーたちがレポートしてくれるのを期待しているとのことです。僕たち自身が使いやすい Drupal を作るためにも,そして他の言語を使う人たちの役に立つためにも,こうした二つ以上の場面で使われていて,いずれかの意味が不適切な翻訳を発見したら l.d.o. の issue queue までぜひお知らせください。もし英語での報告が心配な方は,私までご連絡いただければ私が翻訳して issue queue まで報告いたします。

Comments

good one

nice post good blog post wow ../  

nice one blog

nice one blog

nice blog post wow ..

Those who come to read your

Those who come to read your article will find lots of helpful and informative tips. This is really a pleasant and useful, containing all data furthermore greatly affect the new innovation. Much obliged for sharing it
Avriq,Avriq IndiaI am looking to learn more about this issue. Thank you for sharing. I will follow this site regularly

Post new comment

The content of this field is kept private and will not be shown publicly.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
  • Allowed HTML tags: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • Lines and paragraphs break automatically.

More information about formatting options

By submitting this form, you accept the Mollom privacy policy.