Drupal Modules

気になるモジュールについてのメモは、今まで Evernote で管理してきたんですが、せっかくだったら皆さんとも共有したいと考え、このページを作りました。主に、FOREST & trees の岩田がよく使ったり気になったりするモジュールを記録していきます。

AddToAny Share/Bookmark Button

Description: 

さまざまなソーシャル・ブックマーク・サービスや SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス? ソーシャル・ネットワーク・サイト?)に対応した AddToAny のボタンを Drupal に追加してくれるモジュール。

wpextreme - AddToAny にはてブを追加&日本語ローカライズ」というブログエントリーを参考にはてなブックマークを登録してみましたが、とても簡単にできました。

なお、私の場合のコードは以下の通りです。

»

Post It Everywhere

Description: 

最近は SNS(ソーシャル・ネットワーク・サイト? ソーシャル・ネットワーク・サービス?)が流行りですね。日本でもとても多くの人たちが Twitter や mixi を使ってコミュニケーションをしています。

せっかく築いたネットワークですから、自分のサイトに新しいコンテンツを追加したら、これらの SNS を使って知り合いたちにお知らせしたいですよね。しかし、Drupal 単体ではもちろんそのような機能はなく、コンテンツの追加→コンテンツの URL アドレスをコピー→ある SNS にログイン→新規コンテンツ紹介のエントリーを書く→別の SNS にログイン…と、かなり面倒なステップを踏まなくてはなりません。

このモジュールを使えば、Twitter、Facebook、LinkedIn、FriendFeed という SNS に自動で新規コンテンツの告知ができるようです。

»

Drag to Share

Description: 

コンテンツをドラッグし始めると、いくつかのソーシャルネットワークサイトのアイコンがずりずりっと出てきて、そのうちの一つにコンテンツをドロップすることで、そのサービスを通じてコンテンツを共有できる、という機能を Drupal に追加します。

文字で説明するには、ちょっと回りくどくてまどろっこしいですね。デモサイトを見てもらうのが一番だと思います。

とてもユーザーインターフェースが秀逸で、コンテンツの共有に「楽しさ」という要素を追加してくれると感じました。Drupal 7 版が待ち遠しい!

»

FileField Paths

»

Localized Drupal install profile

Description: 

これはモジュールではなくて本当はインストールプロファイル。インストール時から自分の好みの言語を使って Drupal をインストールできる。もちろんインストール終了後もその言語で Drupal を操作できる。

Drupal の最初のインストール時に、ユーザーが選択した言語ファイルをダウンロードしてくるので、PHP が1つのリクエスト中に 4〜500Kb のファイルをインポートできるよう設定されていることが必要。

これで、英語を使いたくないユーザーが Drupal を使い始めるにあたっての障壁がまた一つ減った(減る)と思います。

»