Drupal Modules

気になるモジュールについてのメモは、今まで Evernote で管理してきたんですが、せっかくだったら皆さんとも共有したいと考え、このページを作りました。主に、FOREST & trees の岩田がよく使ったり気になったりするモジュールを記録していきます。

Password Expire

Description: 

パスワードに有効期間を設けられる。

»

Force Password Change

Description: 

全ユーザーや特定ロールを持ったユーザーに、一斉にパスワードを強制変更させたり(*1)、パスワードの有効期間を設けたりできる。

 

(*1) サイトがクラックされたことが発覚した後、それ以上被害が広がるのを防ぐのに有用。

»

IMCE + IMCE Wysiwyg bridge

Description: 

Drupal コアだけ、または CCK + FileField + ImageField を使っても、画像を本文中に差し込むのは思いの外難しいです。HTML が分かれば、<img> タグを使って画像を埋め込むことはできますが、面倒だし、一般のサイトユーザーに HTML タグを覚えて、というのもちょっと非現実的ですよね。

IMCE は、Drupal にファイルブラウザーの機能を追加してくれます。WYSIWYG API モジュールと(プラス、IMCE Wysiwyg bridge モジュールと)一緒に使うことで、デスクトップのアプリケーションを扱っているような感覚で、

  1. 本文編集
  2. 画像を埋め込みたいところにカーソルを持って行く
  3. WYSIWYG エディターの画像埋め込みボタンをクリック
  4. ファイルブラウザーを開く
  5. 既存ファイルでよければ、既存ファイルを選択。なければアップロード。
  6. サイズを変更
  7. 埋め込みボタンをクリック

という、とても直感的な、慣れ親しんだステップで画像埋め込みができるようになります。

 

»

Better Formats

Description: 

Drupal は Input Filter という機能を持っています。Drupal はもともとコミュニティサイトを運営するために作られたプログラムです。すると、コミュニティのユーザーアカウント作成ポリシーによっては、まったく知らない人もアカウントを作って何らかのコンテンツをサイトにポストできるということを意味しています。これは、コミュニティを活性化させるためにはとても有効なやり方ですが、一方でとても危険なことでもあります。というのも、その任意の誰かさんが HTML、PHP、JavaScript などのウェブサイトを動かしている技術を駆使して、何か悪意のあるコンテンツをサイトに投稿することが可能になるからです。

»

Devel

Description: 

Drupal のモジュール開発をするなら必須のモジュール。

Drupal では PHP の array(配列?)とか object(オブジェクト)というデータをよく使うけれど、これはデータを階層状に収納したもの。なので、目的の値を取り出すのに一苦労する。でも、Devel モジュールをインストールしてあれば、モジュールやテーマのコード中に

dsm($array_name);

と差し込むことで、Drupal のシステムメッセージを表示するエリアにこの array や object をツリー状に表示してくれる。個人的には、これが一番多く使う機能。

また、サイトを作っていると、よほど簡単な構造のものでないかぎり、複数のロールを設定して、ロール毎に異なる権限を与えて、それでユーザーごとにできること/できないことを制限する必要が出てくる。でも、サイト構築中にいちいちログイン&ログアウトを繰り返していたら、とても面倒。こういうケースのために、Devel モジュールは現在のユーザーからログアウトすることなく別のユーザーとしてサイトにログインしなおすインターフェースをもったブロックを提供してくれる(長い文章だ...)。

»